Tonyのなんでも日誌
Tonyが行く迷走記。徒然なるままに、そこはかとなく書き作る。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2009/03/07(土)   CATEGORY: 日記らしきもの
いつも変なやつがまともなことをしても変って言われるジレンマ
Hey Yo!!
こんにちわ、Tonyです。

最近雨とかばっかりでなかなか天気になりませんね。
いやー、洗濯できなくて困っちゃうんだぜ。

某裸の偉い人から、日記ミジケェwwwwwwwwwwwとの指摘を得たので普通の日記を書いてやるんだ。
最近は、学校の新入生向けイベントの企画を最終段階に進めています。
あれです、実行委員長なんで。でも実行委員長といっても田舎のクソ学校のですから、たいしたことはありません。
受験もほぼ全て終わり、学校も皆決まってるんでしょう。
わくわくどきどきの生活ですが、ウチの学校に来る人には、残念ですがそういう夢は捨ててしまったほうがいいでしょう。残念。腐ってるから、マジで。
だからこそ楽しくしようと行動しているんですが、なかなかうまいことはいかないものです。やー、むっつかしー。

うわ、ふつーだなおい。

最近、魔王って小説を買って読んだのですが、なんと漫画になっているとの情報を入手し、さっそく買いました。小学館から出てました。なにやら、原作者が書いた他の小説と人物なんかがリンクしているらしく、それを上手にリミックスしてお話を作ってあるようです。
これが面白い。とっても面白い。
今一番、ホットな週刊漫画じゃないでしょうか。いや、マジで。
街を守るために住民を結託させ組織化する犬養少年と、その現状の裏表をまざまざと見てその組織と戦う決意をする安藤少年のお話、とでも言えばいいのかしら。
皆さんも読んでみてください。
ちなみに好きなキャラクターは主人公の安藤少年です。

なんかまともな日記みたいだな。

あ、それと「相棒」ってドラマを知っていますか?
相棒、街角の書店では、漫画、小説も売っていますが、ドラマが原作です。
自分はこのシリーズが非常に好きで、何度か見ています。
ちなみにウィキればわかることですが、Preシーズンから始まり、今放送中のシーズン7まであります。しかも主人公のコンビは警察の人間なんですが内部でつまはじきにあっていて警察内部にもいい顔をされていません。ストーリーで一貫していることは、「真相」を必ず明らかにしていることです。
たとえ、警察に都合の悪いことでも、偉い政治家に都合の悪いことでも、真相であれば、かならず明らかにする。物語も非常に面白いです。
後は、以前の回ででた登場人物や犯人が後の事件などにまたかかわってくるところなどもなかなか目が離せないところです。しかもその人物はシーズンをまたいで現れたりもします。
ちなみに好きなキャラクターは、捜査一課の刑事の伊丹と芹沢です。
皆さんもお近くのレンタル屋やTUTAYAなどで借りてみてみてください。
ハマりますよ。

趣味の話とか、なんか真面目なこと書いてるなぁ。

刑事モノのドラマといえば、古畑任三郎とか大好きです。
田村正和、マジ渋い!!
後は、ビバリーヒルズコップとか!!毛色が一気に変わったぜ。
もったいぶった話し方をするのは、こういうのの影響かもしれません。
小説で言えば、一時期、金田一耕助シリーズ、横溝正史氏の本を読み漁ったりもしました。やはり名作といわれるだけあって、面白かったです。なんというか、本当にどうでもいいようなことから真実を明らかにする。そういう洞察力は見習いたいものです。空想の人物とはいえ、すごいうらやましい!!

なんだか、普通すぎて涙がでるな。

あ、なんか宣伝屋がやたらとくるけど、皆コメントしていってくれるとうれしいな。
そろそろ返信を真面目にやろうと思っているんだ。
コメントで僕と握手!!
さみしがりやなんでおねがいします。

じゃあコメントを返信して行こうか!一個だけど、お得意様だ!

裸の偉い人>というわけで普通に日記を書いてみたぞ!!バイオ5は箱の調子がおかしいからやってない。なんかかなり前にMicrsoftに連絡して、電話してって言われたんだけど放置してしまっているんだぜ・・・。大丈夫かしら・・・。
コメ禁止の件はありがとう、さっそくやってみたんだぜ!!
なんか面白いネトゲがあったら教えてネ!!

それじゃ、また
See You!!



[ TB*0 | CO*0 ] page top
DATE: 2009/03/01(日)   CATEGORY: 日記らしきもの
出る杭は打たれるっていうけど、結局誰かが打ってるんだよ。
ちわー。
広告が出た頃に更新されるブログへようこそ。
まー、怪しい業者しかこねーけどな。

なんだか、書くことないな。
いや、広告でたし、とか思ったんだけど。
あー、じゃあまた変なこと書くかな。長いから結局だれも最後まで読まないだろうけどな。

最近、ブックオフでオメガドライブとかいう漫画を立ち読みしました。
要約した上で全行程を省き、骨組の中から一本取り上げたように説明すると、「終末論」をミッシングリンクを交えた上で展開する内容のものでした。
結構強烈な内容で、皆さんも機会があったらチラ見してみてください。



以下は無責任に書かれたなぐり書きの文面です。心の広さにかかわらず、すべてを許せる人のみ読んでください。長くて読みにくいから誰も読まなくていいです。
なんども言いますが、この文面で読んでいるあなたがいかなる影響を受けようとも、わたくし記載者Tonyは責任を取りませんし、とれません。
なので覚悟して読んでください。
読まなくていいです。チラシの裏みたいなもんですから。
いつ撤回されるかも、いつ変わるかもしれない内容です。平に、平にご容赦ください。




面白いなー、と思ったのは精神科医にかかっている引きこもり達が共謀して精神科医を暴行し金品を巻き上げる所に、主人公がやってきて、彼らと会話する中で言った一言。
「お前らは引きこもっているんじゃない。引きこもらされているんだ!!」
なかなか面白いと思いました。
いや、普通は馬鹿なことを言っていると思います。皆さんが引きこもりに持つ第一印象なんて負け犬とか負け組とかでしょう。あとはコミュニケーション能力がない、とか。いいイメージなんてないでしょう。
引きこもりの皆さんを馬鹿にしているわけではありません。端折りながら読まずにちゃんと読んでください。
主人公は続けて「社会の連中から教育を受ける中で、引き篭もるように仕向けられているんだ!!」とかいうニュアンスのわけのわからんことを言いだします。
なかなか面白いと思いませんか?

まぁ、普通の人は思わないでしょう。それよりも不況と金融危機のダブルパンチをどうにかしてほしいと思うんじゃないでしょうか。
まぁ、今の日本の政治家じゃ無理ですよ。民主党に変わろうとも、自民党がこのままやろうとも。
ハッキリ言えます、どこの党がやろうと無理だと。神風は吹きません、本当の意味で愛国心のないものに風は吹きません。

話を戻しましょう。
引きこもり、という状態をいくつかの原因に分解してみましょう。
まず「本人」と「それ以外」。要するに内的要因と外的要因、という感じです。
「それ以外」を「近親者」と「他人」。
「他人」を「接する機会のある人」と「まったく知らない赤の他人」。
一個一個見ていきましょう。
「本人」
本人とは、まさに引きこもっている人です。
何をやっているかは知りませんが、ひきこもっている人です。
まずは、人とコミュニケーションがうまく取れない場合。
先天的だろうと後天的だろうと、これはいくらでも改善できます。本人にその気があれば。
本人に原因がある場合の大半はここでしょう。そして大体の人はここに話を集めます。
が、これは外的要因によって形成されるものであることを忘れてはいけません。
改善には本人の意思が必要ですが、この状態に陥るにはほかの要因があることを忘れている人が多々いると思うのです。
他には、株トレードしている人。引きこもりではありますが、自立は一応しているのだと思います。何か問題がるのか、と聞かれてもさぁ、としか言いようがありません。
あとは、社会に絶望している人。
これはさまざまな場合があると思います。
手ひどい裏切りにあった人や、ただ自分を正当化する人、例をあげればきりがありません。
精神的に弱いのだと、思う人もいるでしょう。
では、なぜ精神的に弱いのか、と考えたことはないでしょうか。
置いておいて続けます。
それと、一くくりにされるのは非常に心外だと思うのですが、話がややこしくなるため、ご容赦ください。
本人についてはこの程度でしょうか。
次に「それ以外」外的要因ですね。
では、「近親者」から。
近親者とはまさに、引き篭もり、の家族であり、親族です。
一番嘆き悲しむのは親でしょうか。
自分の育て方が間違っていたのか、とかノイローゼになってしまう人も少なくはないでしょう。
もしくは、もう諦めたモノとして、ペットのように餌だけを与えるか、それぐらいです。
親族となれば、その眼は一層冷たいものとなるでしょう。
ウチの子は結婚したのに、とか。あの子は有名大学に行ったのに、とか。
では、この中で引き篭もりに影響する内容をあげていきましょう。
皆さん、どれかには該当するはずです。該当しない場合はもうペット同然なんでしょう。
・親による過度の期待、その最中での失敗。
これはありがちじゃないでしょうか。とてもできる子が、一度の失敗で転落していく、なんていうのはよくある話です。これは、悪い、というのは憚られますが、親として子に期待するのは、言い回しは変ですが、当然であり当たり前のことなのです。血を分けた分身なのですから。
子は親ではないので、それがわかりません。
これを機に自分の道を見つけられる子ならいいのですが、大半は「親に言われたとおりにやっている」そういう子が多いのではないでしょうか。子供は親の言うとおりにやっている、だがある日ひとつの失敗から様々な疑問が生じて、それを自分では解決できない。なぜなら、親に言われたとおりにやってきていますから、未来が作られているわけです。それが一瞬で真っ暗に・・・。20代にもいかない子供たちにとっては、ある種の死を味わうことでしょう。
英才教育、という言葉を好む人は、概ね、英才のなんたるかを知らないのです。
・親族から受ける比較による劣等感
言葉は面倒ですが、わかりやすく言えば、「いとこが自分より優れている、という話を永遠とされる」と言ったところでしょうか。
○○さんところの○○くんは、なんとか大学(超有名名門学校)に受かったんですってすごいわねー。とか?
これは、親族付き合いが多い家族では有りがちな話でしょう。
ですが、これを何度も聞いていると自分が劣等であると錯覚し、悩んだりし、思春期の子供なら、荒れてしまったりするんじゃないでしょうか。
さらに一度荒れたことで、そのことを後ろ指さして、その比較がエスカレートする。
比較的鍛えられている子ならいいですが、そうでないなら、「誰か」が守ってやらないと心に傷を負い、人とかかわることを避けがちになり、コミュニケーション不足になり、結果として引きこもりになるんではないでしょうか。
親族、と言いましたが、親もそうです。そういう話を子供に聞かせるのは、気を付けてくださいね。子供がわからない、と思ったら大違いです。何かしら感情を受けるのですから。
え?長ったらしくて、要素どうしのつながりが長く、決定力がない?
ははぁ、胸に覚えがあるようですね。あなたの近親者が引きこもりなのは、あなたのそういう行いにも原因があるかもしれませんよ?自慢するな、とは言いませんが、ほどほどに。
ではNEXT!!
ここからが重要だと思うんですよね。前のは前座。よくある話です。
「接する機会のある人」
これは引きこもりの人と接する機会のあった人たちです。
たとえば、同級生。担任の先生、塾の先生。お稽古の先生に、家庭教師。
そういう人たちです。
では、ざっくりと言いましょう。
教育が悪い。ざっくり過ぎましたか。いやぁ、申し訳ない。
では一つ一つ解きほぐしていきましょう。
「同級生」
これはいじめの問題やら、ネットで陰口とか、そういうのです。
これは、親から受ける影響並みに大きいものです。
こういうのを気にしてひきこもるのは小学生あたりからでしょうか。
個人的には、道場に通わせることでこの状態は脱することができます。
空手、柔道、合気道、剣道、など。個人的には肉体のみで戦うものをお勧めします。
剣道は武器がないといけませんからね。とっさに使えません。
比較的に早い段階から、心身共に鍛えることで何とかなります。
道場を選ぶときには、学校の友達がいないところをお勧めします。
本当に誰も信用できなくなったときに、彼らの逃げ道になるからです。学校の友達などがいたら、学校から離れた新しい気分にはなれません。他にも、その同じ道場に通っている学校の子がいじめに加わっている場合もあります。
いじめ、というのははっきり言ってなくなりません。
我々が人間である限り絶対的になくなりません。戦争と一緒です。
次に
「担任の先生」
いろんな先生がいます。
引き篭もりの子に学校においで、と優しく手を差し伸べて、地獄につれていく教師。
まったく気にしないで放置しておく、悪魔のような先生。
どうしていいのか思い悩む、人間のような先生。
様々ですね。
面白いドキュメントを見ました。
学校の先生に張り付いたドキュメントです。
学級崩壊があったり、ノイローゼになったりと、教師というやつは大変です。
教職の授業を取っていたんですが、めんどくさくなってやめようかと思っています。
あぁ、教員免許試験受験資格をとるために必要な授業ってことです。
で、その先生の一言が今でも思い出します。
「いままでのセオリーが通用しない」
はっきり言って、頭にきました。
セオリーで子供に授業をしていたのか、と。
まぁ、仕事ですから、ある程度はセオリー、という意味かもしれません。
別な話なんですが、シツケっていうのは、親の仕事で、学校の先生の仕事じゃないんです。
最近の親は、シツケすら学校の先生にやらせようとしています。要するに遠巻きに育児放棄してるんですよ。きっと、できちゃった婚で、仕事したいけど、子供どうしよう、とかそういう親に決まってます。
もしくはアタシー、まだ女ダシー、とかそういうの。絶対にそうです。
話がそれました。
子供、というのはまだ個が曖昧で、あらゆることを柔軟に吸収します。
子供にフェルマーの定理とか説明したら、きっとすぐ覚えますよ。興味があれば、と付け加えておきます、念のため。
ですが、個がないわけではありません。
子供どうしのいじめの発端は、学校で大便してただの、発育はちょっといい子を指して揶揄したり、顔が気持ち悪いだの、声がどうだの、と。
それぐらいの個がさまざまにあるわけです。
それなのに、「セオリー」で教育するとはどういうことでしょうか。
毎年同じ子が入ってくるとでも?似た子はいても同じ子ではないんです。
現在様々な低年齢化が問題になっています。性の話もそうです。
そういう社会的な要因があってもセオリーて、どういうことだ、と。
こういう現状は先生が悪いのではなく、そのもーっと上の教育を取り仕切っているお偉いさんと、むかーしむかしに決められた占領国の人が作ったふっるーい教育論なんですがね。
気になる方はよくお調べになってください。
話が大分それていますが、ひきこもりを助長するのがこの担任の先生です。
学校に行けない理由があるから行かないのに、その理由とはまったく関係ない理由だとして学校に連れて行く。
この行為は考え物です。

なんかどうでもよくなってきたな。
結論を言えば
某国が作った教育基礎理論に基づいて教育がおこなわれてきた結果が引きこもりなんですよ。
我々は徐々に、ひきこもるように誘導されていた。
そういう風に仕向けられていた。これは教育する側もされる側も気づいておらず、教育の元を作る側の利益のためにそういう風になっている、と。そういうことが言いたかったんですが。
要因とは一概には言えません。
プロポーズをOKするも様々な要因があるように、すべてに要因があるからです。
話が逸れるのはそういうのを説明しようとする、俺の悪癖のせいです。ごめんなさい。
それと、ひきこもりの諸君。
君たちには様々な才能が眠っている。
けれど、君たちは君たちの意志だと刷り込まれて引きこもらされているんだ。
君たちが引きこもることによって、結果的に某国の連中は得してるんだよ。
自分の殻じゃなくて、他人に与えられた殻で閉じこもってるんだよ。
って、オメガドライブに書いてあった。

これはほかにも言えることです。
某国は、日本を占領しようと、なんとかっていう新興宗教の力で動くなんとかっていう党を利用していたり、某国は、日本を政治的に支配して、自分たちの利益のための搾取し、カスにしようとしていたり。
日本の政治家は、もう駄目です。
ある本の引用ですが、好きな言葉に「その国の政治を見れば、その国の民度がわかる」と言う言葉があります。
我々はそういう風に見られているということです。
いろいろ言いたいことはありますが、この前、日本の技術者が中国だか韓国で技術顧問をしている、という話を聞いたときに、日本はもう終わった、と思いました。



飛ばすのはここまで。
ここから普通の日記ですよー。



いやー、長いだけでまとまってねー。
最初と最後だけ読めばいいようにがんばってるから、見捨てないでね。
アメリカ型から抜け出せない限り日本は破滅する。昔誰かが言ってました。
いやーいいこというね。もう破滅してるよ、日本。
アメリカは我々を貯金箱としか思ってません。
証券会社に勤めている方ならその感覚は理解できるかと思います。
日本が生き残るにはどうしたらいいのか。
そういうことを本当に真剣に考えている人はいないでしょうね。
自分がよければいいんだもの、みんな。
他人は食い物で、国なんてのは、通貨価値の基盤だもんなwww
俺の考えが古い?それはきっと、あなたが今を生きてるからだよ。

じゃあ、日記でも書くか。
メトロイドおもしれー。
ゼルダおもしれー。
気づけば俺が買ってたマンガの一つが終わってた。最終巻でたの去年かよー。
最近まったく身体うごかしてねー。やべー。
メタルレイジは7月だって。たのしみー。
逆転検事は5月だって。たのしみー。
こんなもんだな。

それじゃ、また。
See You!!
[ TB*0 | CO*1 ] page top
DATE: 2009/01/07(水)   CATEGORY: 日記らしきもの
今年一年の運勢を一時間で決められちゃたまらない。
皆々様、こんばんわ。
トニーです。

謹賀新年、今年もよろしくお願いします。
え?どうせ更新がないって?
いいんだよ。よろしくお願いします。

なぜ、今日更新されたか。
今更なんだよ、何か月放置されているんだよ、と。
それは一重に、彼のおかげでしょう。
自分のようなモヤシGUYには全く縁のないタフGUYのこの方です
「エロコメばっかだし」という悲しいお話を聞いたので、早速急きょ急ぎ突貫で更新です。

新年も明けて、三が日も明けて、仕事始めも過ぎ、七草粥も食べ終わって、新年らしいイベントはすべて終わってしまったというのに・・・。
学校も冬休みです。
ウチの学校はやたらと普通の大学と違うようで、一般的な大学は今頃後期テストらしいのですが、ウチの大学はそれもすべて終わり、まさに冬休みです。19日から一月最後までは、特別講義がありますが、それ以降、4月の頭までは何もありません。まさにニート。
ですが、いろいろと予定は詰めています。
諸国漫遊の旅とか。
まぁ、遊びに行くんですが、いろんなところに行って、名産とか風土を知るのはとても役に立ちます。ぶっちゃけ、土地の伝承とか聞くのが好きなんです。根暗なんで。
この前は、ものの次いでに広島に行ってきました。
広島城(跡)とか、厳島こと宮島には、時間の都合上20分ほどしかいられなかったので、また行きたいと思います。
新年終わっちゃったけど、毎年、テンションがおかしくなったら行く旅があるんですが、それに行ってもいいな。常におかしいとか言うんじゃないぜ・・・。

変な話ですが、自分は日本的な神というものを信じています。
神というと、キリスト的なものを多く思い起こすでしょうが、それとは違います。
唯一神というとらえ方が嫌いです。多様性を嫌うのは愚かな証拠であると、信じているからです。
ギリシャ神話の神とか結構好き。嫉妬で殺しあったり、いたずらで大惨事になったり。人間臭い。
日本の神はそれにも増して、愛着があります。長くなるので割愛。

格言として
「神頼みはするな。たまに ありがとう とお礼を言えばいい。」
と自分は思っているのです。
神に頼む、という行為は自分を救う行為です。
人のために祈る、という行為は、偽善とは言えませんが、結局自分を救っているのだと思うのです。
神に頼む暇があるのなら、自分の友人、家族に頼めばいい。
人のために祈る暇があるのなら、見ず知らずの人に親切を押し売る方がいい。
別に何がいいとかいうわけでもありません。100人いれば100より多くの考えがありますから。
そうではなくて、皆様にも常に考えてほしいのです。
通りすがりの女性の下着の色でもいいし、満員電車で痴漢しても捕まらない方法でもかまいません。何かを考えていれば、こういう自分のそれっぽいような押しつけにも対応できるようになります。

全然話は変わりますが、MOTの講義を受けた最後に、講師の先生が「熱誠」という言葉を教えてくれました。熱意、情熱、それと誠意、誠実さ、経営者にはこれが大事である、と。自分は、点数はあまりいい方ではありませんでしたが、なんとなくしみる言葉です。

高度経済成長から今まで、お金を稼ぐこと、に特化した社会はだんだんと衰退を迎えています。
こういう話をすると、みんな「それの何が悪い」と言い出します。
後ろめたいことでもあるんでしょうかね。すいません、これはイヤミです。
ここで「何が悪い」と言ったら視野が狭いのではないでしょうか。気のせいかもしれません。
良い、悪い、では物事は解決しません。それはその場しのぎにすぎません。
そして、良い、悪いの問題は解決しません。一生、変化し続けるのです。
平時に人を殺せば人殺しだが、戦争で人を殺せば英雄だ。
極端すぎる話ですが、このようにあらゆる要素によって結果は多様化を見せ、ひとつに集約することはありません。
最初の話も安易すぎる話です。
何が原因で衰退を迎えているのか、は話されていないからです。自分にもまだわかりません。
ただ、「今経済は全面的に衰退している」という事実と「今までは金もうけ主義だった」という一般的概念からはじき出された主観的な結果です。事実が混ざっているから、それっぽくなっているだけなのです。
話がガンガン逸れましたが、皆さんに考えてほしいのです。
自分が立っている場所、サイフに入っている金、身につけている衣服、食べているもの、友達のクセ、昨日と今日の何が違うのか。そういう事柄についてです。

あれ、なんか変な話になってるな。
まぁいいや。いつものことだろ。誰も読んじゃいねぇ。
「なげーんだよ」
でおしまいサ!
あ、なんで神様にありがとう、と言うか言ってなかった。
いるかいないかわからないけど、何かしらでお世話になってるかもしれないんだから、たまにはお礼を言っておけってことです。
なんかめんどくさくなっちゃった。
FC2なんか重くなってね?

まー、いいや。
今年も更新するかわからないけど、よろしくね。
皆さんの疑問の答えが見つかる、そんなブログになれたらいいな。
まぁ、いいことも書いてないけどな。
HISってなんだろう。だまっちょ殿、こんど教えて。

最近火事が多いみたい。みんな気をつけてね。
何が火元になるかわからんからね。プラグのほこりとか、メガネと黒い紙の合わせ技とか。

実家にしかWiiがないからメトロイドプライム3やってた。
メトロイドオモロイドすぎる。
あ、今実家にいるんだ。まぁ、そういう日記的なのはほかにお任せ!!

それじゃ、また。
See You!!
[ TB*0 | CO*3 ] page top
DATE: 2008/10/25(土)   CATEGORY: 日記らしきもの
資本主義と群れ
なんか初めてまじめな題名をつけた気がします。
トニーです。
まーた最近忙しくなってきました。
テスト近いし、新入生歓迎イベントの企画もやってるし。もう一個なんか仕事あった。

そんな最近ですが、金融はもっと大変なようです。
貨幣価値が最近激変しました。
兆候は一ヶ月半ぐらい前にありましたね。二ヶ月だったかな。
一度1ドルが99円以下に下がって、すぐに110円あたりに戻ったんですが、そこらへんですかね。
また、その半月あとにも、99円に一瞬ほどなりました。
で、気づけば下がり調子の95円前後。大暴落だぜ!!
ユーロもいつの間にか下がってました。一ヵ月半前と比べると、20円も違います。

これは円高なのか、ドル安、ユーロ安なのか。
専門家じゃないのでわかりませんが、結果的には円高じゃないでしょうか。
リーマンブラザーズだか、世界で3番目だか4番目の会社がつぶれたところから、サブプライムからのドル不振が一気にやってきて、落ちた。
でも、少し回復したけど、このときから円に流れたんでしょうね。
後は流れでずーっときて、ここにきて、円高。巻き込まれたユーロも安値。というところかな。
詳しいことは専門家に聞くがいい。僕はただの大学生です。

知り合いのヤリ手の青ジンさんって人がいるんですが、彼が言っていたように海外旅行はチャンスかもしれません。為替レートが下がってますから、以前よりは割安で買い物ができるはずです。
海外旅行のマナーは守ろうな!!
為替レートって何?な、ゆとりスイーツなあなた。要するに、円をドルに変換する際の等価価値です。
1ドル/100円だと、1ドルは、日本円で100円の価値、ということ。逆もまた然り。そうすると、1ドル/110円よりも、1ドル/95円のほうが、円をドルにしたときにお得なのもわかりますね。
結論を言えば、輸入物のブランド品が、現地に行けば確実に安く買える、ということです。

サブプライムはなんだかんだでかなりの尾を引いています。
資本主義を壊滅させる怪物になってくれると、それはそれで面白いんですけどね。
ジャックさんが、お前そんなことになってみろ、金が紙くずになっちまうだろーが、という声が幻聴で聞こえてきますが、聞こえないようにしましょう。そのとおりですけどね。


資本主義って何だろう。って思うことはありませんか?
ないですよね、一般的には。
ググレカスとかWikiれカス、って聞こえてきます。
「生産手段が少数の資本家に集中し、一方で自分の労働力を売るしか生活手段がない多数の労働者が存在する生産様式」として「資本主義」と定義した。
カールマルクスという、経済学を紐解けば必ず出会う人の著書「資本論」とかいうのに載ってます。

わかりますか。

では二つの表現を用いて簡略化します。
「作り方を独占している一部の人たちが、それを知らない人たちを労力としてそれを生産する様式」
「一部の頭のいい人が画期的なものを発明し、それを皆に与えるために他の人が生産する様式」

こんなもんですかね。語彙力に乏しい俺にはこれが限界です。
いつも思うんですが、貴族階級と労働階級との違いがあまりまりません。
要するに、絶対王政時代と特に違いはないんです。
王を最大権力として、そこに下々がいる。王の血縁は貴族だし、普通の人は労働階級です。
違いといえば、偉いのは「すごいものの設計図を持っている人、もしくはそれの材料を持っている人」か「王様」これぐらいなもんです。
この凄いものの設計図というのは、組織図でもいいですし、成功への見通しでもいいです。設計図があっても、材料がなくてはいけません。材料にもそれ相応の価値があります。石油とか、希少金属とか。
そういう点では自由に争える、とも言えます。
新しい発明が、人々に必要とされれば、それで一つの資本を持つことになるからです。著作権が無駄に頑丈なのも、資本主義がこういう性質を多分に含んでいるからです。

では別の話をします。我々の立ち位置についてです。
資本主義から見れば、我々には二つの人種がいます。
「資本家」と「労働者」です。
資本家は、前述の資本を持っている人たち。
労働者は、それを持っていないがゆえに、労働をせざるおえない人たちです。
例としてあげれば、石油商なんかは資本家ですよね。輸送トラックの運転手なんかは、労働者です。
見えないところをあげれば会社の社長は資本家です。その部下はすべて労働者です。大まかな話なので、経済学の定義とは違うはずです。細かいところはコメントで指摘してください。
基本的に資本家などというのは少数です。少数でなくては、成り立たないからです。
なぜなら、多数の労働者がいなくてはならない、資本家が多くなりすぎると、基本的には労働者が減少してしまう、潜在的には「儲け」が少なくなってしまうからです。
出し抜かれる心配が増えるから、ということです。

では、我々、労働者はどうすればいいのか。
資本主義で生きている限り労働しなくては生きれません。郷に従うのなら、待遇のよい労働をすること、が一番でしょう。心の平和は保たれます。
もう一つは資本家になることです。一番の近道は会社の社長になることでしょうか。これは資本主義の話なので、日本的民主主義との化合で生まれた政治家という職業はあえて出しません。
自分で会社という設計図を作ってもいいですし、とある会社をしたから上り詰めていくのも手でしょう。
会社で上り詰めるのは難しいといいますが、それは手段の話であって、目的ではありません。
会社で上り詰めるには、会社に自分の仕事ないし力で作った金を入れればいいのです。その金が綺麗汚いによって選別されるのはその会社の人間性が絡んでくるからです。それは会社によるのでうまいことやれとしか言えませんが。


ですが現実を見れば、誰もが自分の足元を知らないのが現実です。
よく「金儲け主義だ」と、罵倒する人がいますが、彼は自分の足元を見たことがないんでしょうね。
資本主義の基盤に立っていれば、一番わかりやすい材料は金です。金。
変な話ですが、「金で買えないもの」はありません。資本主義はそういう社会でもあります。
人の心は金では買えないとかいいますが、それは、人の心というものが定義されていないだけです。物質的にも科学的にも。もし定義されれば、それは買えるものになります。
金を持っているやつは、強いんです。あらゆる意味で。
そうですね。
女神転生的に言えば、「設計図」は魔法系で「材料」は物理系、金は「万有属性」という感じでしょうか。
だからといって、金金金、というのはどうか。それは哲学です。お帰りください。

要するに、現在の社会において、資本主義は金によって統一されています。
全世界の視点に立って、ある国の人間が他のものを手に入れるのに必要な資本が金なのです。
そしてその金は、ありとあらゆる影響を受けて、値上げ値下げを繰り返している。
ひとつの国の金が強い力を持ってしまえば、その時点で資本主義は崩壊します。

別な話ですが、ドルとユーロ、どちらかが大暴落しても、おそらく資本主義は終わります。
正解流通率が高い貨幣ですから。

長い話ですが、資本主義というのは「金」主義です。
それがいやなら、社会主義の国へでも、共産主義の国へでもいってください。

長いですね。支離滅裂になってるかも。
でもそれが許されるのがブログ。公開オナニーの場です。
この調子だと、群れ、についての話は次の気が向いたときかな。
閉めですが、
今の日本の社会は「待遇」を求めています。
要するに、労働者が資本家に意見している、ということです。
これは資本主義的な観点からみたらおかしいことです。
労働者は、資本家に使われる人種なのですから。
こういうことをかんがみると、共産主義的にも見えてきます。不思議ですね、資本主義社会を謳っているのに。

とまぁ、いろいろと書きましたが、明日には俺の意見が変わってるかもしれません。
人間にはよくあることです。許していただきたい。
冷戦終了後から台頭し、第二次大戦後には完全に世界的となった資本主義。
ですが、毎日人が変わっていくように、人の変化は社会の変化となって、少しずつ変わって行っているのです。
経済学ってのは意外と面白いものかもしれませんね。

コメントに返信しようと思ったけど、なんか面倒になった!!
次たまったらやる!!

全員>皆様お元気でしょうか。最近は寒くなってまいりました。なぜか雨もよく振るようになり、秋が
体に冷たいこのごろ、お体にはお気をつけてください。それと素敵な彼女を募集中です。
クリスマスまでには・・・!!!

それでは、また。
See You!!
[ TB*0 | CO*2 ] page top
DATE: 2008/09/29(月)   CATEGORY: 日記らしきもの
寒いのは熱が取られるから。全力で死守せよ。
最近さむくなってきましたね。
こんばんわ、トニーです。

なんかこう、いろいろと書くことがたまったので、書いておこうと思います。
レッツゴー。

まずは、コードギアス反逆のルルーシュが完結しました。
最後まで悪逆非道を貫いた主人公は、意外と珍しくなかろうか。
R2は駆け足だったけど、面白かったよ。マジで。
自分は、スザクがお気に入りでした。どんなことがあっても決して歩みを止めないその姿勢は、自分には結構好感触でした。最終回で、やっと親友と和解したような、そんな風にみえます。
「世界はだいぶマシになった」っていうカレンの締めくくり台詞は結構お気に入りです。
批評は評論家に任せておけばいいね。面白かった、これは面白かった。
好きなキャラは、男:スザク、女:ナナリー
別の意味でルルーシュはお気に入り。
散々使い倒して、牛乳を拭いて長期間机の中に放置されたぼろ雑巾のように捨ててやる!!

次に、ナイツインザナイトメア、ってゲーム買いました。
NDSでゲーム買ったのは初めてかもしれない。本体持ってたけど、ソフトは全部レンタル。
STINGで開発されたゲームで、家庭用ゲーム機類では珍しいRTS。
友達にリヴィエラを勧められてから、Deptシリーズは一通りやってます。
世界観がなんか好き。ゲーム性もすべからく、ほかにはない、といった感じ。
2作目のユグドラユニオンから、やり込み度合いがあがって超楽しい。
現在プレイ中。
まだ慣れてないから難しいです。戦略を練るのが好きな人にオススメ。

廉価版のCoHが発売中だったかな。
買わないと、某青い社長と、シャケでイナフな人に怒られてしまう。

なんか学校の友達に誘われて、またラグナロクオンラインをやることに。
一ヶ月だけやろうと思います。
クソゲーだから、みんなはやめたほうがいいよ、マジで。
それでもやるならウィザードって職業を調べて、それやるといいよ。楽だし。

学校では、なんか、生徒会の副会長になりました。
わーい。これで人をコキ使えるレベルになった。ちょっとうれしい。
君主論精神に則ってがんばろう。

こんなもんかな。ほかに書くこともないし。
あ、新内閣は波乱のスタートでしたね。
芯があって、いい人だと思いますけど、何も手を打たない内にああいうことをベラベラ言うのはアウトだと思います。頭の足りない人には政治家はできません。
ですが、撤回しないというところには少し芯を感じました。まぁ、馬鹿だけどな。
麻生首相は、今までに何回も総理を狙ってました。
ちょっとアグレッシブですが、徳川家康のようになれるんでしょうか。
何度も挑んでいる時点で家康って感じではないか。家康はギリッギリまでヘーコラして確実なチャンスの時にやっと動いたし。

安部って元首相も福田ってサルも、影ながらいろいろとやってました。
世間やマスコミは馬鹿だのなんだのって言いますが、短期間に多くのことをやってます。
いいことも悪いこともまぁ、やってます。
TVや新聞の言うことだけでなく、少し、歴代の首相が何をやっていたのか、それを調べて、知ってから批判するのがスジだと思うんですけどね。
この流れの間違いがひとつあるんです。
TVや新聞の言うことを信用するな。という点です。
本来、TVや新聞は、ある程度専門知識のある人が、一般人にはすぐに理解できない内容を直訳して教える。コレが報道ってやつじゃないかと思うんです。
根本的には、TVは娯楽、新聞は時事を取り上げるものですが、報道の部分まで、エンターテイメント化してるんじゃないかと思ってしまいます。
マスコミは仕事をしています。収入のためです。収入を得るには、面白い記事が要ります。直訳では面白くありませんよね、英語だって、ドイツ語だって。直訳は事実そのもので、そこに面白さが必要ないからです。ですから、面白くするんです。面白くすれば、事実は曲がります。
そういうことです。

マスゴミなんて言われてますが、彼らはサラリーマンとなんら変わりはありません。
生きるためには金が要ります、金を稼ぐためには面白い記事がいる、と。
擁護ではなく、事実です。自分はまだ学生ですが、社会人の皆さんはどうでしょう。
給料はいいほうがいいですよね。養う家族がいれば、多ければ多いほどいい。
それに職を失うわけにもいかない。必死になりますよね。

何が言いたいか、というと。
資本主義はすでに破錠してるってことです。

とまぁ、どうでもいい話でしたとさ。

それじゃ、また。
See You!!
[ TB*0 | CO*1 ] page top
Copyright © Tonyのなんでも日誌. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。