Tonyのなんでも日誌
Tonyが行く迷走記。徒然なるままに、そこはかとなく書き作る。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2010/06/15(火)   CATEGORY: MTG
物事は廻るもの。
何を書こうか悩んでしまって、更新が遅くなってしまいました。
お早う御座います。
トニーです。

毎日ブログを書く、ということは、毎日書くネタがなくてはいけない、ということにもなるですね。実感しました。

今回は、まだ精力的に活動はしていないんですが、知り合い相手だけにちまちまとプレイしているカードゲーム。
マジックザギャザリングについて書いていこうと思います。

知らない人もいると思いますので、単純な説明を付属させたいと思います。
このカードゲームは世界的に遊ばれているカードゲームで、世界初のカードゲームでもあります。毎週ショップでイベントが行われていたり、世界大会があったりと、その規模の大きさも想像できますね。
あ、公式サイトはこちら

簡単にルールを説明しましょう。
基本的に、デッキとよばれる山札を60枚以上で作成し、お互いに勝負します。
ライフポイントがお互いに20点あり、それが0になるか、山札がめくれなくなったら負けです。
カードは基本的に4種類あり、
クリーチャー:戦場に出て、戦闘を行うカード。パワー/タフネスという攻撃力とHPがあります。
マジック:場に出て効果を発揮し続けるエンチャント、使い捨てのインスタント、ソーサリーがあります。後者二つは名前が違う通り、ルール上でも使い方が違います。
土地:土地意外のカードを使うためのエネルギーを出すカードです。基本土地とよばれるものが5種類。特別な力を持つ特殊地形というものもありますが、基本的にはエネルギーを出すカードです。
プレインズウォーカー:プレイヤーと一緒に戦う、カード上のプレイヤーのようなものです。忠誠値という耐久力をもち、それを増減させることで特殊な能力を発揮してくれます。どの色にも属さないカード、というものもありますので、正確には6色になるのでしょうか。緑のカードを使うには、緑のエネルギーを出す土地が必要になります。といったふうに、バランスも絶妙に取れています。

このカードゲーム、非常に楽しいんですが、世界的な規模の所為か、強いカードは単価がやたらと高いのです。
例えば、今の環境だと「精神を刻むもの、ジェイス」といわれる青のカードがあるのですが、一枚7000円ぐらいします。一枚ですからね。同じカードが4枚まで入れられるルールなので、必要分そろえると、ちょっと次世代ゲーム機が買えてしまいます。
自分は割と安いカードでデッキを作成してプレイしています。後は、ヘビーにプレイしている友達から価値が低くて余っているカードを譲ってもらったりして。

これを見ている人でMTGプレイヤーはいるのかな。いたら自分にいろいろ教えてください!現在比較的安い緑単とよばれるデッキを使用しています。

昔、友達に、「お前の日記長い。読むきしない」って言われました。文章を読み直していたらそのことを思い出してしまいました。
うぅむ、どうしましょう。

今日も全国的に傘マークがでていますね。
傘を準備しおいたほうがいいかもしれません。

それではまた。
See You!!
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © Tonyのなんでも日誌. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。