Tonyのなんでも日誌
Tonyが行く迷走記。徒然なるままに、そこはかとなく書き作る。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2008/02/09(土)   CATEGORY: 日記らしきもの
俺の名前は、天の道を行き、総てを司る男。天道総司だ。
夜のサナギマン!!
こんばんわ、トニーです。

イナズマンの主人公は、サナギマン→イナズマンと変身するわけです。
サナギマンのときにエネルギーをためてイナズマンへ。
これに似たもので、仮面ライダーカブトがあります。
HENSIN→Cast Off and Change!!
二段変身のいいところは、やはりカッコいいところです。
二回も変身するなんて・・・!!それに、強さも前後で差別化できて視覚的にもおいしい。
ですが、仮面ライダーカブトを見ていていつも思うのです。
キャストオフはいつでもできる。
そうすると、なぜマスクドフォームになるのだろうか?と。
キャストオフしない限り、クロックアップ、敵の特殊能力である時間加速はできません。
同じ時間土俵に立たないと相手とは対等に戦えません。
このクロックアップもなんか無制限でホイホイホイ使えるようです。
こうなると、マスクドフォームという部分は無駄にしか見えません。劇中でも最後のほうは変身後、速攻でキャストオフしてました。マスクドフォームの意味は・・・?
同じことがカブトとガタックの必殺技にも言えます。
彼らは必殺技を放つまでに、1,2,3、とボタンを押すプロセスがあります。
このおかげで、他のライダーよりも威力の高い必殺技が撃てると。
ですが、実際を見てみれば、ボタン連打で速攻チャージして蹴ってます。
このチャージのプロセスもなんかいらないですよね。普通に、カバー戻して蹴ればいいじゃない。
他のライダー達よりも威力が高い、という描写もありませんでした。公式サイトの必殺技の威力の欄と説明にそう書いてあったのです。
見た目の威力で言えば、ライダースティングを三連続で突き刺して三体のワームをいっぺんに倒した影山ザビーの方が視覚的には強く写ります。

仮面ライダーカブトの設定資料などはもっていないのですが、自分なりに仮説を立てると時間を加速するクロックアップをするには何かしらのエネルギーがいるのではないか?
そして、それを効率的にチャージするのがマスクドフォーム。
ライダーフォームではそんなにチャージできないのではないか?
その代わりライダーフォームでは実際にクロックアップとさらに身軽に動けます。
そして必殺技ですが、必殺技もきっとなにかしらのエネルギーをチャージしなくてはならないのではないか?
カブトとガタックは、そのスイッチを押すことによってチャージを段階的に行い、チャージが一定以上になったら一撃必殺の技が撃てるのではないか。
そうすると、他のライダーは残りのエネルギー、つまりチャージした総量から使った分を抜かした残りが必殺技になるのではないか。
そして、ハイパーゼクター。これはもしかすると常に大量のエネルギーをチャージできる充電器兼、総量を増やす器、のようなもので、その総量が肥大する。よってよりエネルギーを使う、時間を飛び越えるハイパークロックアップができるのではないか。
今調べたところによると、そのエネルギーはタキオン粒子というそうです。

この論理を応用すると、ワームとネイティブの違いもどことなく見えてきます。
ワームという種族は脱皮が早く、ネイティブという種族は脱皮が非常に遅い。
持っている擬態能力はほぼ同じ。成体になったときの強さはネイティブが圧倒的。
強さのところはネイティブ化したゴローちゃん(名前を失念)がカブト、ガタック両ライダーを圧倒したことから伺えます。
ワームは脱皮が早い分、すぐに強くなれますが、総合的に見ればネイティブには及ばない。しかし、常に大量のタキオン粒子をチャージできる。
ネイティブは脱皮が遅い分、かなり強固な個体になります。
しかし、タキオン粒子のチャージが遅い。最後に三島(思い出した!!)がクロックアップで逃げれなかったことはこれで説明を付けれます。
だから、個としては強いネイティブでも、ワームと戦うには非常にリスクを伴っていた。
つまり、時間加速が多様でき、尚且つ成体の多いワームを倒すには独力では無理であった。そこで、ライダーシステムを開発せざるおえなくなった。と考えることができます。
もしかすると擬態の点でもお互いに違いがあるのかもしれません。
ネイティブは、きっと種族に擬態するときに、素体、つまり擬態する相手が必要ではなく、その種族のデータさえあれば自然と溶け込める。
つまり個人として人間になれる。
ワームは、種族に擬態するときに、相手が必要であり、その相手になりますことで社会に溶け込んでいく。つまり、素体となる人間が必要なのではないか。

次にライダーのベルトです。
このライダーのベルトにもちょっとした仕掛けが施されていたに違いありません。
それはたぶん「長いこと装着および変身を繰り返すとネイティブ化する」
しかし、この機能はライダーシステムを作って天道の父によってオミットされたに違いありません。なぜならば、全世界をネイティブ化するときに使ったのはダークカブトの一式でした。
彼は最初にネイティブ化された人間であり、天道に擬態させられていました。
やはり、このベルトのテストによってネイティブ化したのでしょう。そして、恐らく、このダークカブトの変身道具一式がライダーシステムの雛形、つまり試作品であったことが予想されます。その点は、彼が「最初のネイティブ化の被験者」であり「エリアなんとかという、ライダーシステムの開発を行ったところに幽閉されていた」「彼がネイティブ化したのは子供のころで隕石が落ちてきた場所がまだ研究所であり、尚且つそこで実験が行われた」、本編の最初から察するに、その頃にはまだライダーシステムは開発されていなかった。以上の点です。
この機能が付いた理由は、ネイティブがワームに近い能力を持つライダーシステム、その装着者達が自分達を裏切らないように、でしょう。
しかし、天才天道の父は、密かにその機能をオミットしていた、とすれば、後の天道や他のライダー達がネイティブ化しないのも頷けます。
でも、後の描写で、カブトのベルトをつけた子供天道がいきなり怪力を出す点
死んだように描写された加賀美がベルトをつけた後に復活したように描写された点
この二点からもしかするとあの二つのベルトにはそういう機能が残っていたのかもしれませんね・・・。

話はそれますが、もしかするとネイティブは擬態ではなく、相手の種族をネイティブ化することで種族を増やしていたのかもしれませんね。逆擬態とでも言いましょうか。だからワームとは折り合いが付かなかったのかも・・・。

など、自論をつらつらと書きましたが、ようするに
ネタがない!!
仮面ライダーカブトが好き!!

この二点は分かってもらえたかと思います。
自分は仮面ライダーカブトが非常に好きでした。終わり方もスッキリはしないもののらしい終わり方だったと思います。天道総司、という際立ったキャラクターも好きでしたし、加賀美新という直向に前に進んでいくキャラクターも、影山・矢車のやさぐれたコンビも好きでした。
いろんな意味で楽しい作品だったと思います。皆さんもちょっと興味を持ったら見てみてくださいね。

なぜ今仮面ライダーカブトなのか。それは、今作業中に、メインテーマとEDテーマ二つをエンドレスで流しているからです。そんだけだZE☆
平成ライダーでスッキリ終わったのは、ブレイドと電王ぐらいじゃないかな。クウガと響鬼も話としては綺麗に完結していますかね。
アギトは結局何かイミフだったし、龍騎も最後にかけてはかなりいい流れでしたけど、結局ライダー全員テレビ放送で出ず終い、オーディンって結局何?と歯切れが悪く、ファイズは「というお話だったのさ」で終わってしまいました。余談ですが、ファイズは小説版が非常にシビアな内容であり、子供向けのTVで放送できるような内容ではなかった。ので、あんなふうになってしまった、ということらしいです。確かにファイズは取り上げている部分が非常に難解、人によって様々な意見を持つモノでありました。小説版、まだあんのかなぁ・・・。
今日書いたカブトもスッキリは終わってません。いろいろ分からないこともありました。
初代ライダーはやはり凄い。何が凄いってシンプルでありながら、何事にも重要な点はそれっぽい説明がついていて、尚且つ現実味のあるところでしょうか。
ショッカー→闇の組織。
改造人間→改造され、動植物の能力を持った人間兵器。
仮面ライダー→バッタの怪人だったが、逃げ出してショッカーと戦う。
首領→SoundOnly。最後の最後でも逃げた。
そして、仮面ライダーがショッカーを倒す。という大本に、ショッカーの怪人が有名な研究者を狙ったり、誘拐をしたりするのを止める、という枝がある。
非常にわかりやすい作品だと思います。
今のライダー作品は、リアリティを求めるあまり、その「それっぽい理由」を上手に使えていないのではないでしょうか。

なんか無駄に長くなってしまいましたね。
嫌なことがある日というのは何かしらで目を背けたくなるからでしょうか。
あと水樹奈々のニューシングルが発売したんだっけ。やっべほっしぃ。
特に書くこともないと無駄なことをつらつら書いてしまうみたいですね。

コメントに返信だZE☆
上裸ジラ>面白いMADかぁ。
俺は高画質の音楽と、見てみたかったアニメ、さらに一日だけ上がる新作アニメを見るためだけにニコニコしてるぜ☆ミ
フラッシュ時代はMADも結構多かったのにね~。
管理人のみさん>まぁ、あれですよ。知っててもいいけど別に人に言うことじゃない、ってことで。ニコニコも過剰な負担はかけないでね、と言ってるし。
Leeさん>なんだい、知っていたのかい。それは良かった。
今なら妹に30分間罵倒されるCD(ツンデレ)が上がってるぜ。
太文字はあえてつっこまないでおこう。さらし者にしてくれるわッ!!

なんか最近無駄に自分の論理ひけらかすブログになっちまってきたなぁ。
まぁ、日記ブログ書くなんて、要するにナルシストしかいないだろうし。
俺もナルシーになっちゃいそうだWA☆WA☆WA☆ワスレモノ~。

それでは、また。
See You!!
[ TB*0 | CO*1 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

Jack | URL | 2008/02/09(土) 08:54 [EDIT]
つか、うちなんて子供のために龍騎のDVD全部そろえてやったんだが、最終的にイケメンライダーにはまった嫁の所有物になっちゃったZE!(ノω・、)

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © Tonyのなんでも日誌. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。